ビタミンF

アラキドン酸で乳幼児の成長をサポート

脳というのはまだまだ未解明な部分が多く、今も多くの研究者たちが研究を行っています。
脳は赤ちゃんの時代に爆発的な成長を遂げます。
この脳の成長には神経細胞が深く関係し、脳の神経細胞は電気信号によって情報伝達を行うという他の臓器には考えられない方法でやり取りを行っています。
この神経細胞が乳幼児期に成人では考えられないほどの速度で精密に成長していくのです。
お子さんが3つになるまでに色々な教育をスタートさせるといい、という事を言いますが、これは理にかなったことで乳児、幼児と呼ばれる時期は神経細胞が複雑に形成されていく時期なので、この成長の多感な時期に色々なことを吸収させるとそのことについて一生記憶しているといわれるからです。

脳の神経細胞の働きを促進するのが不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸、アラキドン酸やDHA、EPAなどです。
乳児はアラキドン酸などの多価不飽和脂肪酸を体内に持っていません。
乳児にこの脂肪酸を与えるのが母親であり、母乳です。
ただ母乳が出ないという方もいますし、理由がありあげられないという方もいます。
こういった状態を考慮し、現在の粉ミルクにはDHA、EPAに加えて、アラキドン酸配合のものが販売されています。

母乳に含まれるアラキドン酸と同じくらいの配合量となっていますので、母乳をあげられないからと心配されることはありません。
母乳にはお母さんの食事が大きく関係します。
良質なたんぱく質、バランスのいい栄養素をしっかり取り入れ、赤ちゃんの脳の形成が健康的に行われるように考えていく必要があります。
毎日の食事は赤ちゃんの栄養と疏なる事、また脳の成長が今生きていく中で最も行われている時期なのだ、という事を忘れずにいましょう。
乳児から成長し幼児、児童となっていく過程で栄養失調状態に陥らない限り、アラキドン酸が不足するという事は考えられませんが、アラキドン酸が含まれる魚、肉類などはタンパク質であり、体を作る栄養素ともなりますので、バランスのいい食事を規則正しく行いましょう。


Copyright(C) 2013 人間の体の機能をサポートする All Rights Reserved.