ビタミンF

アラキドン酸がビタミンF

必須脂肪酸というのは、体内で合成できない脂肪酸であり、摂取する必要がある脂肪酸の為、必須脂肪酸と呼ばれています。
アラキドン酸やDHA、EPAなど代表的な脂肪酸がありますが、この物質がなんなのか?特定に至るまでの間、ビタミンFと呼ばれていました。
アラキドン酸やDHAなどは脳神経生成、また神経伝達に欠かせない成分であり、人や哺乳類などには必要不可欠な脂肪酸です。

私たちの体の中では様々な合成が行われていますが、必須脂肪酸のn-6系、n-3系については体内での合成ができません。
人の場合、必須脂肪酸は、n-6系とαリノレン酸で有名なn-3系で、この両方ともが体内での合成ができない必須脂肪酸です。
多価不飽和脂肪酸ですが、この成分が研究過程で発見された当初、リノール酸、αリノレン酸、アラキドン酸について、ビタミンFと呼んでいましたが、人の体に必要な量が多い、という事で、ビタミンの範疇から外され、現在はビタミンFという名称がほとんど利用されず、通常、脂質に分類されています。

なぜビタミンに定義されないのか、というと、ビタミンというのは「微量」であり、体内の代謝に重要な働きをし、自分で作る事が出来ない「有機化合物」と定義されているからです。
体内で重要な働きをするアラキドン酸ですが、その量は微量ではなく必要量が多いということがあり、ビタミン類に定義されることはありませんでした。

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類され、不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、この多価不飽和脂肪酸に、n-3系とn-6系があるのです。
ビタミンFと称されたアラキドン酸やリノール酸、αリノレン酸は、細胞に深く関係する成分として注目され、この成分の含有量が多い商品ほど、人気があるようです。

リノール酸はコーン油やゴマ油などに多く含まれ、αリノレン酸はシソ油やえごま油などに多く含まれています。
アラキドン酸は、鶏卵、レバー、肉類、魚類に多く含まれています。
食品からの摂取が難しいという方や、高齢の方などは食品にプラスしてアラキドン酸サプリメントを利用されるといいでしょう。


Copyright(C) 2013 人間の体の機能をサポートする All Rights Reserved.